ATC.07 ~ ATC.08

2019年10月23日 04:36

体調不良を引きずってしまっているため、またスローペースですが
完成している2枚をアップしておきます。


■アルシュ水彩紙細目 透明水彩 ホワイト
記憶力がよろしくないので単に忘れているだけかもしれませんが
でも、恐らくアルシュ細目初の透明水彩塗りです。
(ブログ内検索では該当しなかったので少なくとも公開した分では初めて)
過去にアクリル塗りで使用したとき(当時はアルシュ中目と言っていた)に
苦手意識を持ってしまってそれっきりだったんですけれども
久々に挑戦してみたら……す、すごく良い…!
マスキングに強い、しっかり定着する、ガンガン重ね塗り出来る!と
私個人が透明水彩塗りに求める条件を全て兼ね備えていました。
また今回は褐色っぽい肌の塗りにしたくて色作りに悩んでいたんですけれど
影→下地と塗っていくうちに使い慣れない色のせいかムラが気になり、
どうしよう、失敗かな…と思いつつもダメ元で仕上げの色を乗せたら
希望通りの色に馴染んでくれまして、あぁもう一生付いていく、と。そんな気分です。


■ウォーターフォード水彩紙 透明水彩 ホワイト
ハロウィンっぽい絵を秋っぽい色で。
最初は黒髪+黒マント+黒背景のつもりで描いたラフでしたが
1つ前の絵を暗めにしたので逆に黒を抜いてみました。
マントの色を気に入っています('v`*)


残り2枚もなるべく早く完成させられるよう頑張ってきます!
スポンサーサイト



ATC.01 ~ ATC.06

2019年09月23日 07:25

体調不良でまた時間が空いてしまいました('A`)
現時点で描き終えているATCイラストをアップします。


■ウォーターフォード水彩紙 アクリル ホワイト


■ウォーターフォード水彩紙 透明水彩
ペンタイプのマスキングインクをぼかせるか試したい、
帽子の庇で出来る影を塗りたい、で描きました。


■ウォーターフォード水彩紙 アクリルガッシュ アクリル ホワイト
塗りはほぼジャパネスクカラー、線画にアクリルを使用しています。
頭部が2cm程なので目が疲れました。


■ウォーターフォード水彩紙 アクリルガッシュ アクリル 透明水彩 ホワイト
リキテックスのアクリリック塗り、補助に透明水彩、線画にアクリル。


■ウォーターフォード水彩紙 透明水彩 水彩色鉛筆 ホワイト
水彩色鉛筆で線画を描き起こしています。


■ウォーターフォード水彩紙 アクリル 水彩色鉛筆 パールメディウム ホワイト
チャラ男が描きたかった。
判り辛いですが親指人差し指の間にパールメディウムを使っています。


アクリルガッシュや水彩色鉛筆など、普段あまり使わないものも
ちょこちょこ引っ張り出してきて使ってみています。
水張りパネルから切り離してATCサイズにカットしてからも
思い付きで加筆していたりするので、また時間が経てば様相が変わっているかも?
あと4枚分のラフがあるので少なくともそれらは完成させたいです!


余談ですけれども、前回記事で「イラストはまとめて一気にスキャンする」というようなことを書きました。
例えば3枚同時にスキャンするとしたときに↓のような流れを想定していたのですが

現在使っているスキャナは原稿台に乗っている3枚のイラストを個別認識し、
自動で3枚分のスキャン画像を作ってくれるのです。

何これ神機能!とテンションを上げながらスキャン画像の調整に移ったのですが
スキャン画像をよくよく見てみるとイラスト3枚とも中途半端なところでトリミングされており、
そんなに上手い話はないかーと軽く落胆しつつ、改めて1枚ずつの個別スキャンに移行したのですが
個別にスキャンしても何故か変なところで切れてしまう事態に。
スキャンの最低サイズはクリアしているはずだしヘルプを見ても解決出来ないし……で
最終的にハガキサイズのクラフト紙に原画を貼り付けて1枚ずつスキャンするという
いつもより手間が掛かる手段を選ぶハメになってしまいました。うーん('A`)

ATC

2019年08月16日 17:35

前回の星見鏡は無事ご落札頂けました。
落札者様、入札者様、ありがとうございました!


新たにちっこいサイズのイラストを描いていました。

所謂ATCサイズです。

以前から度々ATCという単語を目にすることがあったのですが
先日ふと思い立って単語の意味を調べてみたところ
「アーティスト トレーディング カード」の略だそうで、
イラストやスクラップ、スタンプ等々、64×89mmサイズの作品を制作して
あれこれ楽しむ趣旨があるそうなんです。

小さなサイズの作品を仕上げるというところに興味を惹かれ、
また、色々な塗り方に挑戦してみたいとも考えていましたので
早速描いてみた1枚目が↑です。

グリザイユ画法的な感じで青・紫で先に影付けをしてからベース色を塗りました。
影付け段階ではやり過ぎたかな?と心配でしたが
上から色を重ねたら問題なく馴染んでくれました。
ベース色を塗るまで仕上がりの想像がつかないのが逆に楽しいかも。

サイズが小さいのでスキャンは枚数が溜まってから一気にしちゃう予定です。
ラフを何枚か描いてあるので早速次に取り掛かります~。

■星見鏡

2019年08月04日 11:14


A4 ウォーターフォード水彩紙ホワイト
アクリル 透明水彩 ホワイト


完成しました。
ラフを描いてから1年以上経過してようやくです。

男の子が横たわる水的なアレに星空が映り込んでいる…というイメージのイラストなのですが、
以前ボツにした方は色合いが明るすぎたので青みを出すように気を付けました。
肌の下地も薄い水色なんです。
普段やらないことなのでおっかなびっくりの下地塗りでしたけれど
肌の色を重ねていったら自然に馴染んでくれたんじゃないかな?と思います。

アナログイラストの完成は本当に久しぶりなので達成感が半端ないですね。
上記の下地に水色を使うというようなささやかな挑戦をしたこともあり
こんな塗り方を試してみたいな、とあれこれ考えるようになりました。
いよいよ暑さが厳しくなり、なかなかお絵描きが進まない時期ではありますが
少しずつ頑張っていけたらいいなと思っています。

W

2018年11月24日 19:21


A4 ウォーターフォード水彩紙ホワイト
アクリル 透明水彩 ホワイト

inktoberの29日目のお題が 「DOUBLE」 だったので
SideMのW(という名の双子ユニット)を描きたい!と思い立ち、ゆるゆると塗っていたイラストです。
間にリクエストイラストを挟んだこともあり、描き始めてから一ヶ月近く経ってしまいました。

背景にユニットカラーの黄色を先に使ってしまったので
パーカーの黄色を差別化しなければならず、それに合わせて緑も濃くなり……と
色の作り方や塗り方に反省すべき点が多くなってしまいました。
そもそも色塗りの前にマスキングインクの瓶を倒してしまうという事件がありましたので
その時点で思慮が浅かったのかもしれませんorz
そういうことを言い出してしまうと悠介と享介の表情も逆の方が良いかもとか
別の服にすれば良かったとかボロボロと出てきちゃうんですけども。


↑でも少し触れましたリクエストイラストですが、
ラフ画と簡易リクエストをセットにして出品致しましたところ、無事ご落札頂けました。
落札者様、入札者様、ありがとうございました!
出品の際にイラスト掲載の許可を取っておりませんでしたので一部だけ。
181124_2.jpg
過去にもリクエストは何度か経験しておりますが、今回も楽しく描かせて頂きました。
リクエスト出品は版権作品であってもオリジナル作品であっても
なかなか自分からは挑戦しない世界観に触れさせて頂くことが出来るので
とても刺激的な体験だなぁと思います(もちろんご期待に添えられるか緊張もしますが)。
また機会がありましたら挑戦させて頂きたいです。


今年もあと僅かですが1枚くらいはA4イラストを仕上げたいですね。
6月頃に描いたA4のラフに長袖服を着ているものがあり、暑い時期に塗りたくないな…と
ずっと先延ばしにしていたのでそれに着手しようかなと思います。