新顔

2016年08月24日 16:34

先日のミズタマイラストは無事ご落札頂けました。
落札者様、入札者様、ありがとうございました!



さてさて、この度注文していた画材が手元に届きました。

・グラニュレーションメディウム
・マスキングインク
・W&Nウォーターカラーマーカー
・カラー芯
・水筆
・ウォーターフォード水彩紙 F4ブロック(中目&細目)

以上の品をゲット!です。
この度新たにお迎えした画材がありますので、紹介がてら試し塗りの感想を。

まずはW&Nウォーターカラーマーカー。
こちらはその名の通り、透明水彩がマーカー化したものでそのままペンとして塗ることが出来、
尚かつ水で濡らすと水彩のタッチも表現出来るという何ともビックリな代物です。
(上手く撮れませんでしたが右上に写っているのがペンのニブ↓)

サカサカと色を塗り、その後に水筆で溶かした色見本。
ペンとして塗っているときはコピックのようなマーカー感なのに
水で延ばすとモロに透明水彩でビックリしました。
何よりW&Nなので発色がいい!
セルリアンブルーヒューはハーフパンの方でも持っていて
(9色中5色はハーフパンと同じを選んでしまいました)
そちらだと絵の具の粒が目立ちやすい印象だったんですけれど、
マーカーの方はスルスルと綺麗に伸びてくれます。
メイキング動画を見ていると色々な塗り方で楽しめそう('v`*)


もうひとつ初めて触れるのがグラニュレーションメディウムです。
グラニュレーションとは粒状化のことで、塗った絵の具の粒がザラザラと目立つ仕上がりになります。
何もせずとも粒状化しやすい色というのが元々あり
どうもザラッした塗り上がりが苦手でそれ系の色は避けていたのですけれど、
好きな風景画家さんがグラニュレーションメディウムを使って作っていたテクスチャが
とても素敵で完全に感化されてしまいました。

そんなわけで軽く試し塗り。

水で溶いたウィンザーレッドをそのまま塗ったもの(←)と
そこにグラニュレーションメディウムを数滴垂らして塗ったもの(→)。
判り辛いかもしれませんが、→の方で僅かに点々と粒が浮かんでいます。
説明書きには「最大限の効果を引き出すにはメディウムだけで絵の具を薄めて下さい」とあるので
水の量を減らしたらまた違った効果が現れるかもしれません。


あとウォーターフォード水彩紙の細目は過去にカットされたものを購入して
練習塗りなんかをしていたのですが、キチンと仕上げるには至っておらず…。
細目で一枚イラストを仕上げるのをささやかな目標としつつ、
まずはウォーターカラーマーカーを使って何か塗りたいなぁ。
ひっさびさに水筆を使ったら使いやすくて、そこもまたテンションが上がるポイントでした。

必要なもの

2016年05月07日 20:39

先日のラフセットは無事ご落札頂くことが出来ました。
落札者様、入札者様、ありがとうございました!

おまけでお付けしたリクエストイラストも無事完成し、発送も済ませられました。
今回は版権キャラクターを描かせて頂いたのですけれど、
公式サイトでキャラクターの人となりを調べ、容姿や衣装を参考にラフを描き、
画像検索で見つけた別角度の画像で服の装飾を修正し……と
段階を踏んで進んでいくのがとても楽しかったです。
とはいえ、リクエスト自体がスゴク緊張しちゃいますが。

で、その楽しさに乗じてまたリクエストイラストを出品致しました。
ハガキサイズで、ラフ確認等を行わない簡易リクエストとさせて頂いております。
時間的にこちらの出品と、もう一枚何か描ければいいかなぁという感じでしょうか。
先のアレコレが決まっていないので何かと曖昧です(´・ω・`)


と、それと同時に画材の整理もちょいちょい進めています。
もう使わないだろうなというものはヤフオクの方に出品させて頂く形で。

逆にこれは絶対に残す!というもの。
アクリル…リキテックス系。


透明水彩…W&Nのアーティストカラーとコットマンハーフパン。


これらがあれば、いつでもお絵描き再開出来るぜ!
……と思っていましたが、そうでもないんですよね。
筆、筆洗い、パレット、梅皿、線画用の付けペン、ホワイト類、
シャーペンと芯、消しゴム、練り消し、定規、マスキングテープ、マスキングインク、
ラフ用コピー用紙、水彩紙、水張りパネル、水張りテープ等々。

何だかんだで必要なものは沢山あって、その他ガッシュ類やメディウム類もあり…。
それら全てがここに住んでいる間に集めたものだと思うと、感慨深いものがあります。

プレゼントでもらった画材は必ず持っていくと決めていますし
結局のところ、大所帯になりそうな感じ。うん、仕方ないな。

水彩紙買いました

2015年06月03日 22:12

次郎太刀・岩融のイラストを出品させて頂きましたところ、2枚とも無事にご落札頂けました。
落札者様、入札者様、ありがとうございました!


さて、本日荷物が届きました。久しぶりの画材購入です。



お馴染みのウォーターフォード水彩紙ブロックに加え、
カットタイプのウォーターフォード水彩紙ホワイト細目と
ハガキサイズのアルシュ水彩紙も注文しました。

ブロックの方のウォーターフォードは中目で表面が少しザラザラ、
カットタイプの方は細目で中目より幾分平坦な紙目になっています。
一度細目を試してみたかったのでカット売りは非常に助かります。

アルシュ水彩紙は以前頂き物を試させてもらったことがあるのですが、
今よりも更に未熟なときだったので現状ならもう少し違った塗り方が出来るかな?と試してみたくて。
紙のお値段的にも大きいサイズだと緊張しちゃうのでまずはハガキサイズで練習してみます。
塗りかけのイラストがあるのですぐにとはいきませんが、
またいつかウォーターフォード細目とアルシュの感想が書ければいいな、と思います。



地味に恒例化している刀剣乱舞の話。
現在、カンストが39/45振。
この6人をカンストさせればフルカンストと相成ります。



え、えーと、鯰尾くんと秋田くんの育成はこれで2回目になります。
明石国行掘りで6-2周回中に99鯰尾くんと73秋田くんをロストしてしまいましたorz
明石さんをゲットしたのがボスマス到達率、ドロップ率アップの調整が入る前の5月半ばで、
当時はボス方向に進み出したら後には引けない!という感じだったので、つい…。
重傷進軍ダメ!絶対!

近日中にイベントマップとクリア報酬の博多藤四郎くんが来るらしいので
秋田くんと一緒に育成してあげたいなー。
無事にクリアして博多くんをゲット出来れば、の話ですけども。
地下50階…ゴクリ。

ランプライト

2014年06月11日 15:37

なるべくブログを更新しよう月間です。


先日、新しい水彩紙を購入しました。ランプライト水彩紙です。
話題になっていたのでいつか使ってみたいなぁと機会を窺っておりました。

昨年発売されたばかりの純国産、コットン100%。
裏面でも表面でも使えるそうです。

「暖色系の白地が暖かな光を演出する」 という説明文通り
やや黄みがかった色合いをしています。

ウォーターフォードナチュラルと比較するとランプライトの方が白寄り。


んで、早速この紙を使って色塗りをしているところなのですが…

こちらは2枚目。1枚目はボツにしました('A`)

1枚目は透明水彩で塗っていたんですけれど、
ウェットインウェットで絵の具を置いても全然色が広がらなくて。
ランプライト水彩紙、にじみ止めが強いらしく、いつもの塗り方には合わないっぽいです。
水張りの際には表面まで水で湿らせる派ですけども、それでも弾かれまくりでしたし。
なので今はアクリルで塗っています。こちらは順調。

個人的感想になりますが、ランプライト水彩紙ってストラスモアに似ているなぁと思いました。
塗り重ねていくと水彩紙の細か~い紙目が浮き出てくる感じが。
色鉛筆で重ね塗りしたときのようなザラッとした感じにも似ているかな?
いつも使っているウォーターフォードとは違った仕上がりになるので
今描いている絵以外にも色々試してみたいですね。

試供品

2013年06月07日 04:13

先日、画材を通販した際に水彩紙の試供品を5枚頂きました。
大きな画材屋さんだと店頭にサンプルが展示されていることもありますが
数多くある水彩紙全ての見本が見られるというわけではないですし、
紙の目や色を見ることが出来るだけであって
一番肝心な塗り心地というものは入手してみないことには全く判りません。

しかも小サイズのものやバラ売りされているならまだしも、
水彩紙の種類によっては大きなサイズのスケッチブックやブロックでしか購入出来ず、
気軽に試すということもままならなかったり。
そんな事情がありますので、こうして見本を頂けるというのは本当に嬉しいです('v`*)


頂いたのは以下の5種(比較用に手持ちのウォーターフォードナチュラルを一緒に撮影しています)。
ワーグマンは裏表で細目中目になっていて、どちらでも使用出来るとのこと(撮影時は細目の方)。


ハーネミューレ、トルション、ワーグマンがパルプ100%、セザンヌがコットン100%。
バンブー水彩紙は竹90% コットン10%だそうで。
竹配合の水彩紙なんて初めて。水彩紙って色々あるんですねー。
トルションが荒目なのにハーネミューレやセザンヌよりツルツルしているし、ホント多種多様。

頂いた試供品はどれもハガキサイズなので、
またちまちまっと練習絵でも描ければいいなと考えています。
感想はそのときにでも~。