--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落ち着きがない

2009年05月31日 23:55

ふわっふわと浮き足立っている毎日です。



イラストに対してもあっちこっちとフラフラしているのですが、
昨日から今日に掛けてはずっとSAIでお絵描きをしていました。
ライセンス購入後、起動する機会がパタリとなくなっていたので、また一から練習!です。
(あの幻水絵はなかったことにしておこうと思います)
デジタルもアナログ同様、自分がこうしたいと思う表現方法を模索するのが楽しいです。
なかなか思い通りにはいかないですけれども、やり直しは容易ですから
楽しく練習していきたいなーと思います。

描いているのは、ときメモGSのもりりんです(眼鏡は後で足す予定)。
最萌えは氷室先生が不動の座をキープしておりますが、
はば学メンバーで次いで好きなのがもりりんかな、と。
(ちーちゃんと天童くんがはば学じゃないのがとても悔やまれます)
キメ顔や笑顔よりこういう表情の方が描きやすくって好きです。



最後になりましたが拍手を下さった皆様、ありがとうございます。
いつもいつも感謝の気持ちで一杯です。
以下は拍手コメントをいただきましたのでそちらへの返信です。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

キング不在

2009年05月29日 12:42

KAITOイラスト、無事ご落札いただけました。
落札者様、入札者様、本当にありがとうございました。


加えて、ありがたいことにそちらのオークション開催中にリクエストを頂戴しました。
NARUTOのキャラクターをご希望いただいております。
しかし私のNARUTOに対する知識と言いますと
主人公のナルトとカカシ先生、あと眉毛ボーンな男の子ぐらいのもので、
カカシ先生が何の先生かも判らないという有様です。
ですので、これからNARUTOについて色々と調べた上で描かせていただきたいな、と思っています。
いっそのこと、これを機に開拓してみるのもアリですよね。
問題は巻数ですが…っ。
集める苦労はともかく、収納スペースがないのが困りモノで。
毎月何かしらまとめ買いしていますし、本棚を買ってしまおうかしら。



で、現在は趣味に走りまくった絵を描いています。



エド絵を描いている最中に大ハマリしたもの……桜蘭高校ホスト部でした。
ずっとタイトルで敬遠していましたが評判が良いことは知っていましたので
軽い気持ちでアニメを見てみたのが運の尽き(?)。ものの見事にストライクでした。
ものすごい勢いでコミックスを揃えたのは言うまでもなし、です。
環のトレス&ペン入れが終わったら時間のあるときにでもコピックで塗っていきまっす。
ハルヒも描きたいんですけど、クリクリ目が難しい><
あとテープの貼り方が汚くて恥ずかしい限りです。


最後になりましたが拍手を下さった皆様、ありがとうございます。
以下は拍手コメントをいただきましたのでそちらへの返信です。
[ 続きを読む ]

うーん…

2009年05月26日 20:25



厚塗りイラスト、完成したのはしたんですけれども……誰だ、これ。
アップするのも恥ずかしいですが、次に繋げるためにも恥を忍んで…っ。

厚塗り、ホント難しいです。
ぼかし方が未だにサッパリわからんちんです。
まだ服などの細かい箇所はどうにかなるものの、背景のような広範囲になるともう…。
ムラが目立っていますし、雲が雲に見えないのが情けなしorz
あと、色を作るのにすごーく苦労します。
今回使ったリキテックスは肌によく使うジョンブリアン系を持っていないので
手持ちのものを混ぜて作ったのですが、赤味が強くなってしまいました。
今更ながらにガッシュにしておけば良かったかなー、と思ったりしています。
もうどこからが厚塗りかさえ判らない程に行き詰っておりますが、
これに懲りずにまた練習したいと思います。



話は変わりまして。
ちょっとご質問をいただきましたので、私なぞでお役に立てるか判りませんが
以下に若干マスキングインクについての説明を。

マスキングインクの剥がし方をちょろっと画像に収めてみました。


左・マスクした箇所に絵具を塗ったものです。
中・左端から矢印の方向に指の腹で軽くこすっていきます。
右・最後まで剥がし終えたものです。

恐らくほとんどのマスク液は手または消しゴムでこすって剥がすタイプだと思います。
(ただ消しゴムを使うと絵具まで剥げてしまうことがあるので、私は指でこする派です)
ものによっては専用のラバークリーナーが付いているものもあります。

私が使ったことがあるのはミツワのものと、現在使用しているクサカベのものです。
ミツワのはネバネバし過ぎて、蓋周りでの固まりが酷かった記憶が…。
ラバークリーナーが付属していましたが、これも使い辛かったです。
クサカベ製は色が透明に近く塗布箇所が目立たないことを除けば、
表面が強い水彩紙であればしっかり使えるものだと思いました。
たった2社のものしか使っていませんので大きなことは言えませんが、
マスク液そのものに色が付いているもの(ホルベイン製等)が、塗布した箇所が判りやすくて
使い勝手がいいのではないかな、と思います。
と言うより、私がホルベインのを欲しいだけな気がします。
でもクサカベさんがまだたっぷり残っているのでもったいなくて買えません><

…と私情たっぷりな説明ではありますが、少しでもご参考になれば幸いです。




最後になりましたが拍手を下さった皆様、ありがとうございましたっ。
以下は拍手コメントをいただきましたのでそちらへの返信です。
[ 続きを読む ]

■KAITO

2009年05月24日 12:06


約A5 ウォーターフォード水彩紙ナチュラル
アクリル系顔料カラーインク(主線) 透明水彩 ホワイト

完成しました。
ちょっと幼かった…かな?
聴く曲によってその都度イメージは変わってしまうのですが、
個人的にはもう少しお兄さんかなー、なんて想像しています。

いつものような重ね塗りではなく、いきなり濃い色を載せていくというのは
なかなか緊張する作業でした。
グラデ用にあらかじめ色を複数作っておかなければならないので
この際だから、と好きな色ばかりで攻めちゃいました。
手前味噌で恐縮ですが、髪とマフラーのグラデはとても気に入っています。

こちらのイラスト、練習用と称していたものなので失礼にあたるかもしれませんが
ヤフオクに出品させていただきました。
気に入って下さる方がいらっしゃればお譲り出来たら…と思っております。



制作中、久々にマスキングインクを使いました。



鬼っ子以来…でしょうか?
あのイラストで滲みまくってしまったので苦手意識が働いていましたが、
久しぶりに使ってみたらちゃんとカバー出来ました。
ウォーターフォードは表面が強いですし、コットマンは毛羽立ちやすい紙ですし、
やはり紙との相性があるようです。
マスキングインクは色付きのものにすれば良かったなぁ。
透明だとちゃんと塗れているのか判り辛いです><


最後になりましたが拍手を下さった皆様、本当にありがとうございますっ。

案の定

2009年05月22日 06:01

失敗しました。アクリル厚塗り。ハハッ。
とは言え、ここで簡単に諦めるなんてことは出来ませんので
再度水張り→ジェッソ乾燥中でございます。
ただ、そこに至るまでにペン入れを2度失敗してしまい、
これじゃ紙がもったいないということでF4からSMサイズに変更したことが若干の痛手です。
失敗した用紙はいつも試し塗り用に回すんですけれど
やっぱりもったいないなぁと思います。
トレス段階でもっと見直さなくては…。


さて、獄寺くんの水張り→ジェッソ乾燥中に別のイラストの着色をしていました。
本来ならば厚塗りの後で塗ろうと思っていたものを前倒しに。



透明水彩練習用にKAITO兄さんです。珍しくブロックに直接ラフから描きました。
(そのため、紙に対しての収まりが悪いです…)
いつもの塗りとは雰囲気が変わるように、と
エッジを作りながら、鮮やかな色合いの塗りを目指しているのですけれども、
エッジって意識して作ろうとすると難しいものですねー。
鮮明な色作りのため、水の割合を少なめにしているのも一因でしょうし、
エッジを作ろうと意識するわざとらしさが前面に出てしまうのかも?なんて思います。
やっぱり経験って大事ですね。練習あるのみ。
こちらが完成したら獄寺くんに再挑戦しまっす。



拍手を下さった皆様、ありがとうございました。

右腕候補

2009年05月19日 20:57

ここ数日、ものすっごい創作意欲に駆られています。
珍しく、心だけでなく手も動いています。
というわけで、次のイラストに着手。



久々の獄寺くん。
アクリルの厚塗りに挑戦するために描きました。
(そのため、完成品が日の目を見るかはまたも怪しいです…)
今はとにかく出品云々よりも描きたいものをどんどん描こう!
の一心で進めております。

最初はブロックの状態で描く予定だったのですが
厚塗りでどの程度紙が反るのか判らず、
もしボコボコしちゃって塗り辛かったらイヤだなーということで
いつものように水張りしました。




↑はジェッソを水で薄めて2回塗ったところです。
原液だと線画が完全に見えなくなってしまいそうな気がしたので水で溶きましたが
これでも結構線画が薄くなっています。
以前アクリルを買うかどうかで迷ってあちこち調べまわっていたときは
「ジェッソって何?」とちんぷんかんぷんでした。
下地剤と言われても全くピンと来ませんでしたし。
今もアクリルの定着と発色が良くなる「らしい」程度の知識で使っておりますので
このイラストの制作でジェッソに対する認識が変われば良いのですが…。

ここから更に厚塗りするとなると、この線画もほぼ消えちゃうのかな?
昨年、ガッシュでの厚塗りに挑戦して早々に挫折してしまったのですが
不透明のガッシュとはまた違うリキテックスなので
今からどうなることやらサッパリ見当が付きません。
んでも開拓精神で実践から学ばなきゃ判らないままですもんね。
今日はジェッソの乾燥に費やして、明日から塗りに掛かろうかと思いまっす。



拍手を下さった皆様、ありがとうございました!
以下は拍手コメントをいただきましたのでそちらへの返信です。
[ 続きを読む ]

◆メガレン

2009年05月17日 11:02



ツンデ恋歌を聴いていたらメガネを掛けたレンを描きたくなったのでメガレンです。
↓の記事から続きを塗り進めて「よし、完成だー」とスキャンしてみたら
髪の色が飛びまくって目も当てられない状態でしたので、
塗らずにおいていたハイライト部分を相当埋めるハメになりました。
淡い黄色ってスキャン時に於ける鬼門です><

実物はもう少し柔らかい色合いなのですが、スキャナの設定をどうイジっても
飛ぶ色、主張しすぎる色に変化がなかったので諦めました。
紙の目がはっきり出ているので、用紙の目の大きさに左右されたりするのかな?
次に描くときは細目の水彩紙でも使ってみようかな、と思います。
アナログイラストですから、実物第一、スキャン画像は二の次なのですが
やはり公開するからには実物に近い方がいいな、というなかなかのジレンマです。

まだまだ始めたばかりで稚拙な表現しか出来ませんが、
手軽でざくざく塗っていける色鉛筆、とっても楽しいです。
せっかくの水彩色鉛筆なので水彩タッチの絵にも挑戦してみたいですし、
ペン入れしたものに色鉛筆で着色というケースも試してみたいですし、
やりたいことは思い募っていく一方です。
よし、次のイラストも頑張ろー。


そして、拍手を下さった方、どうもありがとうございますっ。

う、薄い

2009年05月16日 22:53

エドイラスト、無事ご落札いただけました。
落札者様、入札者様、本当にありがとうございました。



色鉛筆の練習絵の続きを進めています。



いつも制作過程の画像は携帯で撮影しているので色合いや明るさがまちまちなのですが、
色鉛筆だと更にぼやけて見辛いですねー…。
実物はもう少し色が載っているのですが><
でも各パーツを塗り埋めていくごとに初期に塗った箇所の薄さが際立つのは事実ですので
追々色を重ねて調整していく予定です。

服のシワのような、ふんわりした影の付け方がすごく難しいです…。
毛羽立ち防止のため、消しゴムは使わずにいるんですけれども
消しゴムを上手く扱うこともテクニックのひとつなのかなぁ?
暗中模索です。でもそれが楽しいっ。



いつもいつも同じ言い回ししか出来ておりませんが
拍手を下さった皆様、本当にありがとうございます。心より感謝感謝です。

色鉛筆の練習

2009年05月14日 14:50

をしています。
が、正直完成させられる自信が全くありませんので、作業途中の画像を今のうちに…。



ハガキサイズの水彩紙に色鉛筆オンリーで描いています。
ペン入れをするべきかとも考えましたが、どうせ練習するのなら全て色鉛筆の方が
より学ぶことも多いかと思い、自分なりの描き方で進めることにしました。
結果、ザックリ主線をトレス→着色→主線書き足し、という流れになっています。
故に作業は常にトレス台の上で、ちょくちょくライトを点灯するため、目が疲れるのが難でしょうか。

水彩色鉛筆の塗り心地はやっぱり気持ちいいです。
子供の頃に使っていた色鉛筆とは違ってダマが出来ませんし、
複数色を重ねてもちゃんと色が馴染んでくれますし。
ただ力加減にものすごーく気を遣うので、元々筆圧が強い自分は
「軽く軽く…」と頭の中で唱えながらの作業です。
願わくは、無事完成に至りますように。
って自分次第じゃないか。



最後になりましたが拍手を下さった皆様、本当にありがとうございます!
以下は拍手コメントをいただきましたのでそちらへの返信です。
[ 続きを読む ]

■エドワード・エルリック

2009年05月13日 10:23


A4 ウォーターフォード水彩紙
アクリル系顔料カラーインク(主線) アクリル絵具 モデリングペースト

完成しました。
ブログを読み返してみると水張りをしたのが先月25日……
ラフ絵を公開したのが3月6日……
時間が掛かりすぎですorz
そう言えば最初はニカッと笑っている絵だったのですが、いつの間にか睨み顔に。はて。


最終的に着色はアクリルオンリーになりました。
ホワイト部分にのみアクリルガッシュを使用、あとは全てリキテックスです。



剣の部分にはリッチゴールド・リッチシルバーを薄く溶いて塗ってみました。
僅かながらですが、光を反射してキラキラ。
パールメディウムとはまた違った輝きで、絵具そのものの色がアンティーク感を漂わせた
渋い金銀なのでとても気に入っている2色です。
(このイラストに使いたくてユザワヤで衝動買いしてしまいました)


最後になりましたが、拍手を下さった皆様、ありがとうございますっ。
以下は拍手コメントをいただきましたのでそちらへの返信です。
[ 続きを読む ]

順番

2009年05月10日 02:28

引き続き、エドの色塗りをしています。
ドキドキしながらモデリングペーストを導入してみました。



すごく判り辛いですけれども、↑のように。粉塵がイメージです><
最初はモデリングペースト単体で塗っていましたが、若干硬く伸びが悪いので
ジェルメディウムを混ぜてみたり、水と混ぜてみたりと試行錯誤しながらの作業でした。
思い通りに盛れなくて難しいです。
固めの筆があれば良かったのかな?



モデリングペーストの乾燥が終わったところで背景も塗り始めました。



ここまで塗っておいて言うのも今更ですが、順番が全く判らないです。塗る順番が。
先にバックを塗ってからモデリングペーストを盛るべきだったのかなーとか、
背景とモデペの境目を塗りつつ思ってしまったり。
が、使い方は人それぞれでしょうし、完成予想図によって手法も変わるものでしょうから
習うより慣れろ、をモットーに。

背景もリキテックス使用なので、ザカザカ重ね塗りを楽しんでいます。
色の重み・厚みというものを少しでも出せれば……というのが密かな目標ですので
満足の行くまで色を重ねていきたいです。
背景を塗るとエドはもっと濃くても良かったかなーって思っちゃいますね。
後回しにしてある髪の塗り含め、こちらも手を加えていきたいと思います。
うーん、完成はいつになることやら。



最後になりましたが拍手を下さった方、ありがとうございますっ。

また増えた

2009年05月06日 23:50

また画材が増えました。
今月ひとつ歳を重ねてしまうため、同居人からのプレゼントという形です。
が、こうもスローな作業速度で画材ばかり増えていくのは
贅沢すぎて勿体無い気もします……。
収集だけで満足しないようにちゃんと活用しなくては!


で、こちらが心のオアシス、ユザワヤで買ってもらった品々です。



水彩色鉛筆36色セット!とコピック系、ジェッソと透明水彩、リキテックス。



密かに欲しくて欲しくて堪らなかった色鉛筆です。
あぁ、この色の並びだけで幸せになれる……。
色鉛筆と言うと小学生の頃のものですとか、
少し系統は違いますがクーピーですとか、児童向け?のものしか使ったことがなく
ましてや水彩色鉛筆なんて触れることすら今日が初めてでしたが、
芯の粒子?が細かくて、サラサラした描き心地に感動してしまいました。
これが水にも溶けてしまうんだなぁと思うと更に感慨深いっ。
いつか色鉛筆だけで着色した絵を描いてみたいです。




……で、現在制作中のものはと言いますと。
今月に入ってから別件に心を奪われておりまして
イラスト描きが中断していましたため、あまり進展がなく……。



服を塗り重ねた程度であまり変わっていませんorz
別件についてはひと段落つきましたので、これからこちらに集中しますっ。
その別件につきましても、また絵を描いちゃうだろうと思います、ハイ。



拍手を下さった皆様、ありがとうございましたっ。
以下は拍手コメントをいただきましたのでそちらへの返信です。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。