■夏少年

2011年08月26日 15:38


A4 ウォーターフォード水彩紙ホワイト
透明水彩 ホワイト


完成です。
本当にギリギリですが、何とか8月中に出品することが出来ました。
後半はもう、夏休みの宿題をこの時期まで溜め込んで後悔する小学生のような気分でした。

今回は肌部分やベンチ(っぽいもの)に落ちる影にエッジを作るよう、心掛けました。
いつも髪や服部分にエッジを作る塗り方はしていますが
肌はせいぜい鼻のところにちょこっと作るくらいで、大きい範囲で作る勇気がありませんで。
でも夏っぽい日差しだと影はパッキリしてるよなぁ……ということでパッキリさせてみました。
ウェットインウェットで2色の絵の具を置いて、さらに水を垂らして滲ませるのが楽しかった!
もっともっと透明水彩らしい塗り方を出来るように精進していきたいです。

そろそろ暑さのピークも過ぎたように感じるので、
なるべく早く次の絵に取り掛かれるといいなー。溜まったラフも消費せねば。


最後に拍手を下さった皆様へ、ありがとうございましたっ。

夏が来た

2011年08月10日 14:27

ご無沙汰しております。
8月です。いよいよ厳しい季節がやって参りました。
ドライヤーの温風でつつましく暖を取っていた冬が信じられないくらいの暑さですが、
体調を崩さないよう頑張って乗り切りたいと思う今日この頃です。


実は前回の瑛誕絵を描いた時点で、既に水張りを済ませてあった夏イラスト。
7月中は台風の影響で想像以上に涼しく(と言うよりも肌寒く)て
体調とテンションが付いていかずに全く色塗りが出来ていませんでした。

しかし8月を迎え、いよいよ夏本番だ!という気持ちと
「やばい、今月を逃したら夏イラストと呼べないっ」という焦りとで、ようやくエンジン始動かと思われたのですが
暑くなったらなったで、また体力とやる気が衰退していくという。
そんな夏のダメなところを総取りしている進行っぷりですが、
それでもちょびちょびと色塗りを進めております。



アームライトの接触が悪く、グイグイ動かして角度を変えようとするとバチバチするため、
明るく撮影出来ずに見辛い画像ですみませんorz
ラフを描いていたときはコピック塗りを想定していたのですが
いつの間にやら透明水彩塗りになっていました。

この季節、けして涼しいとは言い難い中での作業ですので、
色塗り中は紙を汚さないように日焼け止め用のアームカバーを装着しています。
(もちろんお絵描き専用に買ったものを使用しています)
別段夏に限らず使用しているものですが、今の時期は特に重宝しています。


それに加えて、最近ちょっと気に入っているもの。



よくある、ごくごく普通の灰皿。
水彩で色塗りをする際は筆洗いとは別に
紙に水を引いたり、水で絵の具を伸ばす用に綺麗な水を用意しておくのですが、
その容器としてこの灰皿が(個人的に)ベストだなぁと。
灰皿の縁で水分量が調整しやすいんですよー。
少しだけ水を含ませたいときには縁部分に数滴の水を取っておけるので水用パレット的な感じで。
かつタバコ置きのところに筆をそのまま置けるので便利です。

絵の具や水彩紙等の画材を揃えるのも楽しいですが、
こういった環境面(と言うのかな?)をより使いやすく整えていくのも楽しいです。


最後になりましたが拍手を下さった皆様、本当にありがとうございました。