--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画材とラフ

2012年04月19日 15:48

前回のアクリルショックを若干引きずっておりますが、
元を辿れば自分の大雑把な扱いが招いた事件ですから
気持ちを入れ替えていこうと思います。
せっかくご意見を頂いてのイラストだったので
アーチャーorランサーは是非ともリベンジをっ。


さて、少し前のことですが、ちょこっと画材を買い足しました。



コットマン水彩紙(現ヴィフアール水彩紙)の中目と荒目、
4号筆、UVグロスバーニッシュ、マスキングインク。
コットマンはコピック塗りをしていた頃にとてもお世話になった水彩紙ですが
中目と荒目を購入するのは今回が初めてです。
何となく目の荒い水彩紙を試してみたくなり、コットマンを選びました。

UVグロスバーニッシュは艶ありの耐光ワニス、いわゆる画面保護材です。
パステル等の定着用にフィキサチーフを使用したことはありますが
透明水彩やアクリル塗りのイラストは、基本そのままで完成としていました。
でも水彩塗りのイラストって紙面が濡れているときの色の方が
深みがあって綺麗だなと常々思っていたので
一度グロスバーニッシュを試してみたく、購入に踏み切った次第です。
まだ未使用なのでどの程度の艶が出るのかは不明。使うのが楽しみです。


んで、ぼちぼちと描き進めているラフ。

薄桜鬼の平助くんと

沖田さんと

髪型が難しい斎藤さん。

何故薄桜鬼かと言うと、近所の桜が舞っているのを見て思い付いたという単純発想です。
そしてモタモタしているうちに桜は散ってしまったという、いつものグダグダパターン。
季節はずれ上等!ってことで緩やか~に進めていければと思います。

と、その前に、コットマンを先に試しておきたいのでそれ用に何か描かなくては。
うーん、何にしようかな。
スポンサーサイト

……

2012年04月07日 05:16

前回アップしたデジタルイラストに取り組んでいたこと、
数日前から風邪を引いてダラーンとしていたこと、
色塗り時の必須品である静音ドライヤーが壊れてしまったことが重なり、
ここしばらくはアナログ絵の色塗りから離れておりました。

が、ようやく風邪が治りかけてきたこともあり、少しずつでも作業を再開していくかーと
リキテックスを手に取りましたところ。



え、何かおかしなことになってるんですけれど?
キャップを捻ったら想定外の場所まで外れたんですけれど?
何これ何これ……と焦って確認してみたら5本のチューブがこんな有様に。

いや、まぁ扱いは雑な方だと思いますし、こまめに掃除もしていなかったですし、
こうなっても仕方がないのかもしれないとは思うのですが、
ほんの数日前まで普通に開閉出来ていたキャップが
一斉にこんな風になることに本気でビビって怖くなってしまいました。
しかも主力のパーマネントサップグリーンとブリリアントオレンジっ…。
ソフトタイプで廃盤になったっぽい、お気に入りのターコイズディープまでっ…。

とりあえずラップを巻いてジップロック的な袋に入れておいたので
すぐに使えなくなるということはないと思いますが。

や、そんなことは些末事です。
大事なのはこっちで。



艶やかなほどに落ちました。

嘘だと言ってよ、バーニィ。

ランマールハピバ!

2012年04月04日 00:22



4月4日はVitaminZ、加賀美蘭丸先生のお誕生日です。
おめでとうございまーす!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。