--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・しょんぼり

2012年08月06日 20:09

ウォーターフォードのホワイトに平助イラのリベンジです。
念のため(←何となく空気に触れてない方が良いかと思って)、
ブロックの上から3枚目の紙を使用。
トレスして水張りをするべく、紙を水で浸しておりましたところ……




出やがりましたorz
またも強く水が吸われています。



↑持ち上げてみると透けているのが判りやすいかと思います。
手の汗と油分が滲まないように手袋も付けているんだけどなぁ…。

この3枚目の画像でもうっすら判るかもしれませんが、
ランダムに斑点が出来るだけでなく
どうも消しゴムを使用した箇所も透けている感じなんですよね。刀の鍔部分とか。
消しゴムがサイジングに干渉することってあるのかな…?
過去にこうもハッキリとおかしく感じることがなかったので、ホントもう何が何だか('A`)

↑の水彩紙を破棄し、ラストチャンスとばかりに描き直しましたところ、
今度は問題なさげでしたので今はそれを乾燥させている最中です。
真っ白の紙を使いたくてWFのホワイトで挑戦し続けてきましたが、
これがダメだったらナチュラルに乗り換えているところでした。
(実際に塗ってみるまで本当に大丈夫か判らないですけども)


でも、正直ナチュラル一本に絞った方がいいのかも、と思う今日この頃。



先月買ったばかりなのにごっそり台紙から外れるとかヘコむわーorz


何はともあれ、今は気持ちの入れ替えが最優先ですね。
半ばムキになってトレス&水張り作業を連続したので
色塗りを楽しむ気持ちを準備しておかないと今後の作業が雑になってしまいそうなので。
次回こそは楽しい気持ちで記事が書けますように!
スポンサーサイト

しょんぼり

2012年08月02日 22:59

こんばんは、ややご無沙汰しております。
実家から戻った後、同窓会で感じたことなんかを綴ってみたいなーと思ったりもしたのですが、
同窓会のことを思い出すだけで胸が詰まりそうになるので、まぁいいかな、と。
やっぱり一番大好きなクラスメイトで、一番大好きな恩師でした。

スケッチの方はと言いますと、もう完全にお天気に嫌われまして
実家に滞在した3日間のうち、自由に動けた2日間が雨っていうね…orz


さてさて。
ちょっと間が空いてしまいましたが、そろそろお絵描きを再開したかったので
薄桜鬼・平助イラの水張りをしました。
紙が乾燥したのでちょこちょこと描き足しをして、
線を定着させるために水を塗りましたところ、何だかおかしなことに。



水が吸い込まれていく…だとっ…!?



↑比較のため、別の紙(WFナチュラル)に同じ筆、同じタイミングで水を塗って横に置きました。
本来ならこうして紙の上に水分が留まる(そこに絵の具を流して広げる)のですが
留まる間もなく吸い込まれていきます。
そんでもって、ドライヤーで乾かしても全然乾きません。



これじゃ色は塗れないと思い、水張りパネルから紙を切り離して裏返してみたら
バッチリ裏面まで染み込んでいます(これでもドライヤーを当てた後)。

パネルに水張りする前、紙を湿らせているときからやたら紙が透けるなぁと
おかしく思っていましたが、どうしてこんなことに…?
これ、帰省する前にトレスしていたものを破棄して新たにトレスしたものなんだけどなぁ。
トレス作業自体に日数を掛けたせいで湿気を吸ったのでしょうか?
うーん、紙がウォーターフォードのホワイトだけに嫌な記憶が甦る…。
現時点でブロックの一番上に来ている紙に水を塗った感じでは
問題なさそうではありますけれども。

苦手なトレス作業でつまづくのは辛いです。
しかもこの暑さの中、トレス台の熱に耐えなければならないので殊更に。
涼しい時間帯に頑張ろ~…。


しかし近頃、失敗談ばかり書いているような気がします('A`)トホホ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。