--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ロック・コール

2018年05月18日 16:43


A5 ウォーターフォード水彩紙ホワイト
透明水彩 ホワイト


FF6のロックです。
少し前、幻水2のシーナ絵をボツにした頃に何故か懐かし系RPGの絵を俄然描きたくなり
思い入れのあるゲームと言えばやっぱりFF6!ということでロックを描いて色塗りしていたのですが、
数日前にディシディアFFにロックが参戦するという情報を知り、そのタイムリーさにビックリしました。

ロックというとやはりナルシェでの出会いが印象深いのでそのイメージで。
あとはフェニックスのいるダンジョンですかね(あそこ苦手でした)。
天野喜孝さんデザインの衣装の方が断然好きなのでそちらに倣ったのですが
絵によって色やデザインが違ったり、細部が判らなかったりしたので
シアトリズムや出たばかりのDFFのデザインを参考に着色しました。

背景でバックラン(絵具を塗ったところに別の色や水を置いて波模様を作る)に挑戦してみたのですけれど
なかなか大胆かつ鮮やかに作るのは難しいですね。
絵具の乾き具合や垂らす水の量など、実践して学んでいくしかないかな。
でも偶然的に出来上がっていく模様を眺めているのは楽しかったです。

作業中の悲劇。

個々のケースに色名が印字されているのですが
似た感じの赤紫系2色、もしかしたら入れ間違えてしまっているかもしれません('A`)
絵具とパン、パンとケースをグルーガンか何かで固定してしまおうかな。


最後になってしまいましたが、前回の歌仙さんは無事ご落札頂けました。
落札者様、入札者様、ありがとうございました!
スポンサーサイト

■歌仙兼定

2018年05月07日 20:34


A4 ウォーターフォード水彩紙ホワイト
アクリルガッシュ アクリル ホワイト


歌仙さん、完成しました。
前々回の記事で透明水彩で塗り始めたと書いたのですがそちらの方は(またも)ボツとなりまして、
ベースをジャパネスクカラー(アクリルガッシュ)で塗り、補助的にアクリルを使う感じで仕上げました。

透明水彩で塗っていたら↓のように絵具を吸い込む箇所が目立ってしまい…。

マント?の内側の赤を塗る際に使った色の定着が悪く、
上から塗り重ねる度に剥げてムラになるのも気になったので
いっそのこと…とガッシュ塗りに変更した次第です。


透明水彩で失敗が続いているので次こそはちゃんと仕上げたいなぁ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。