らふ と XtoZ

2011年02月28日 00:37

去る2月24日に待望のファンディスク、VitaminXtoZが届きましたっ。



がっ。
語ると長くなりそうなのでその話題は折り畳みに。


じゃあ何かお絵描きの話をーということで、今月に入って描いたラフを貼り付け。
今月は描く作業がものすごく楽しい時期だったようで、
色塗りをするしないに関わらず、とにかくシャーペンを走らせておけーという感じでした。
カラー芯段階でのラフもあって見辛かったのでスキャン画像です。


全身を描きたいなーと思っていたのに、顔を描く位置が低かったせいで足が入りきらなかったX時代の清春と
背景に色々入れたいなと思いつつ、肝心の背景が真っ白な天ちゃん。


ゲームプレイ直後の熱でとにかく描いてみたかったZの3人。
元の用紙がA4サイズなので瞬と清春は大きく描きすぎたー。
以上がVitamin。


こっちはときメモGS2。
ダーツのときめき会話っぽい感じを描きたかった天地と……あ、赤城?
ポーズとか大体の位置を決める段階の、本当に描き始めのラフなので赤城と言っても伝わらないっ…。
(多分、手直ししても伝わらない)


最後はオリジナル。
←の方はぼちぼち描き込んでおりますが、→はまだお洋服すら着せられていません。

このうち何枚が色塗りまで行けるのか判らないので、こんなん描いてます的な感じで貼らせていただきました。
せめてオリジナルの2枚くらいは色塗りまで進めたいなと思うのですが、
二次元から帰ってこられるのかどうか。そこが一番の問題かと思われます。


そんなこんなで過ごしております中、この度も拍手をありがとうございました!
以下の折り畳み記事は、VitaminXtoZのお話となります~。



はい。というわけでして、改めましてVitaminXtoZの話をば。



メッセサンオーさんで予約したのでハピバCDに加えてスペシャルドラマCD付き。
このスペシャルドラマCDの瑞希が予約の決め手になりました。
アニメイトさんの方でも清春とP2はいるけれど瑞希がいなかったから…っ!

このスペシャルドラマCDがまた面白くて面白くて。
Side-Xではハジメ・清春・瑞希の中身が入れ替わってしまうお話、
Side-Zでは天・千・やっくんが子供に戻ってしまうお話で
Vitaminらしいドタバタ感がありつつも、いつもと違うB3A3が見られ(聴け)ます。
おチビちゃんなA3は本っ気で可愛いです。甘えっ子な千聖がもうね…!
そんでもって瑞希役の菅沼久義さんの他キャラ再現度がマジで半端なかったです。すごいっ!
シチュエーションボイスCDでの瑞希も素の瑞希で沢山話してくれていたので眼福ならぬ耳福でした('v`*)

ソフトの方も流行る気持ちを抑えつつ、まったりを心掛けて遊んでいます。
まだVitaminZをコンプしていないので先にXサイドから。
悠里センセーが相変わらずな調子だし、生徒らしいB6もマイペースなT6も健在で懐かしい空気が嬉しかった~!
お楽しみ(恋愛&完璧ED)は後回しにしておきたいので先に通常EDで一周しました。
通常EDは通常EDで(一応反転:T6との恋愛EDっぽいもの)となっているので
それはそれで美味しいと思うのですが、本音を言ってしまうと
(一応反転:本編で悠里センセーとB6が両想いかも?的な描写があるだけに、
 そこでT6行っちゃうの!?な印象はなきにしもあらずでした。
 どうせならT6専用ルートも欲しかったですねー。贅沢なお願いかもですがっ。


Xサイドは聖帝祭が終わった後のみんながデレ始めてきている頃のお話なので
4章編成のお話だけでも十分満足出来ました('v`*)
これらのお話を経てVitaminX本編のEDに繋がっていくのか~と脳内補完してみると感慨ひとしおですね!
またVitaminXを全員分やり直したくなるなぁ。
せっかくだからビタエボ+を購入してもいいかもしれん…!(DSのはフルボイスじゃなかったので)

この勢いでZサイドにも進みたいところですが、先にVitaminZの方で開いていないEDを見ておきたいので
一旦VitaminZに戻ろうかな~と思います。
その間にXサイドのお話も程良く忘れられるでしょうしねっ。
どうせやるならツッコミ・スルーの調整だけよりもお話をじっくり読みつつの方がいいですし。
いや、でも慧と那智は全部見たから先にやってもいいかな……とかそんなジレンマと格闘中ですけども。


出来ることなら1人1人のお話についてがっつり語りたいところですが
それこそスペースがかなり必要そうですし、それをするならEDを全て見てからにしたい気もしますので
今回はこんなところで(それでも書きすぎだと思いますが)。
たっぷり萌えを補給して、お絵描きに活かせるといいな~なんて思います。

それでは、こんなところまで読んで下さった方がいらっしゃいましたら
どうもありがとうございました~!