印刷リベンジ

2011年07月06日 05:37

天使絵は無事ご落札いただけました。
落札者様、入札者様、誠にありがとうございました。



昨日のことですが、ちょこっとプリンタの検証をしておりました。
ちょうど…ではないですけれど約一年前、去年の夏に透明水彩絵をプリントアウトしようとして
ものすごくグダグダな結果に終わってしまったのが気に掛かっていましたので
どうにかこう上手くいかないものかな?と思うことがこの一年間で度々ありました。
そのリベンジを果たすべく、色んな意味で重たい腰をようやく上げた次第であります。

もちろんプリンタの性能に依るところも大きいと思うのですけれど、
よくポスカを印刷するのに光沢紙が使われている事実を目にしておりましたので
用紙に左右されるところも大きいのかな~?と。
昨年失敗しまくったときに使用していたのはマット紙でしたので
それじゃあ光沢紙を使ってみようじゃないかということで
今回、光沢紙とマット紙に同じ設定で印刷して見比べてみました。
アクリルと透明水彩で着色した天地絵でテストです。



携帯撮影の画像でガッカリ画質なので見比べ辛いかもしれませんが、
光沢紙はどちらかと言うと青寄り、マット紙の方が黄みがかっているような刷り上がりに見えます。
ネクタイのグリーン部分だと比較しやすいでしょうか。
あと制服のズボンも(←光沢 →マット)。



それと、顔内部や線画といった透明水彩での着色・描写部分がマット紙だとぼやける・薄いといった感じです。
黄みがかってしまっているので色が飛んでしまっているのかな?
ただ昨年の失敗に比べますとマット紙印刷でも見られるレベルなので
透明水彩の薄めの塗りが我が家のプリンタでは再現出来ないのだろうな、とも思います。


最新型のプリンタに比べればクオリティは下がるのでしょうけれども、
水彩イラストを人様にお見せ出来るレベルに印刷出来たことに密かな達成感です。
それとこう……ツルツルの光沢紙に印刷された絵を見ると
何故か本物のポストカードっぽくて嬉しいと言いますか(本物の定義が謎ですが)。
なかなかイラストを印刷する機会というのはないのですが、
いつか今回のテストで得た結果を活かせる日が来ればいいなぁ~なんて思います。


そして、この度も拍手を送って下さいました皆様、どうもありがとうございますっ。