やっちまった

2012年11月28日 10:18

先日の平助イラストは無事ご落札頂けました。
落札者様、入札者様、誠にありがとうございました。


さて、タイトルの件。
かねてよりちょこちょこ進めていたラフが完成したので水彩紙にトレスして
いつものように水張り作業に取り掛かりました。
水彩紙が程良く水を吸ったところで、さぁパネルとテープの準備だ!と引き出しを開けましたらば、
水張りテープの残量の少ないこと少ないこと。
か、買い忘れてたっ…!

これは一旦乾かして新しいテープを買ってから水張りした方がいいのか?
でもこのまま乾かして問題はないのだろうか?
サイジングにも影響あるのでは?
でも四辺にテープを貼らなきゃ水張りの意味がないかも? 等々悩みに悩んだ結果、
以前水彩画家さんがマスキングテープでなんちゃって水張りをされていたことを思い出し、
それを真似させて頂くことにしました。

そんなわけで中途半端かつ不格好な水張り水彩紙が今ここに。
ギリギリ長辺分の水張りテープがあったので短辺分だけマスキングテープで代用です。

12mm幅のマスキングテープしかなく、心許ないので二重に貼っています。
乾いたら剥がれるかも?と心配していたけれど今のところは大丈夫そう。

線画は練り消しで薄めてあるので遠目からだとサッパリですね。

アップにするとこんな感じ。全身を入れたかったので人物小さめです。

塗ってみないことにはどうなるか判らないのでちょっと緊張。
なるべく水浸しにしたり、ドライヤー当てすぎないように気を付けよう。


前回記事で書きたいこと云々と書きましたが、
期待していた(女性向けの方の)ときメモシリーズ新作が
別の乙女ゲーで見たことがあるような設定の携帯アプリゲーだったので、もういいです…('A`)